コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対生成(読み)ついせいせい(英語表記)pair creation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対生成
ついせいせい
pair creation

素粒子とその反粒子の対が同時につくられる現象。対消滅の逆過程。電子陽電子がつくられる電子対生成,K 中間子 中間子の対生成,陽子と反陽子の対生成は加速器実験でよく知られている。 1930年 P.A.M.ディラックにより予言され,1932年 C. D.アンダーソンによって宇宙線の霧箱写真で電子対生成が発見され,反粒子の存在が初めて立証された。アインシュタインのエネルギー質量 m の等価関係 (→質量とエネルギーの等価性 ) から,質量 m の素粒子とその反粒子が生成されるとき,少くとも 2mc2 ( c真空中の光速度) のエネルギーが必要とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ついせいせい【対生成】

〘物〙 素粒子の反応で、ある素粒子とその反粒子とが同時に生成する現象。例えば、光子から電子・陽電子対が生成される。粒子対生成。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android