対生成(読み)ついせいせい(英語表記)pair creation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対生成
ついせいせい
pair creation

素粒子とその反粒子の対が同時につくられる現象。対消滅の逆過程。電子陽電子がつくられる電子対生成,K 中間子 中間子の対生成,陽子と反陽子の対生成は加速器実験でよく知られている。 1930年 P.A.M.ディラックにより予言され,1932年 C. D.アンダーソンによって宇宙線の霧箱写真で電子対生成が発見され,反粒子の存在が初めて立証された。アインシュタインのエネルギー質量 m の等価関係 (→質量とエネルギーの等価性 ) から,質量 m の素粒子とその反粒子が生成されるとき,少くとも 2mc2 ( c真空中の光速度) のエネルギーが必要とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ついせいせい【対生成】

〘物〙 素粒子の反応で、ある素粒子とその反粒子とが同時に生成する現象。例えば、光子から電子・陽電子対が生成される。粒子対生成。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android