コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自性 ジショウ

デジタル大辞泉の解説

じ‐しょう〔‐シヤウ〕【自性】

仏語。そのものが本来備えている真の性質真如(しんにょほっしょう)。本性。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じしょう【自性】

〘仏〙
事物をそのものたらしめている本来的な不変の性質。本性。本質。性しよう
衆生しゆじようが本来は持っている真理としての性質。性しよう
サーンキヤ学派の主張する根本物質のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の自性の言及

【サーンキヤ学派】より

…活動することなく,その作用はただ物質的原理を観察(ダルシャナdarśana)するのみである。また物質的原理はプラクリティprakṛtiまたはプラダーナpradhāna(〈自性〉)と呼ばれ,唯一の実体であって,永遠で活動性をもち,非精神的な質量因である。物質的原理は三つの構成要素トリグナtriguṇa(〈三徳〉)から成る。…

※「自性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

自性の関連キーワード東京都新宿区西落合大分県中津市新魚町群馬県安中市下秋間市村竹之丞(初代)サーンキヤ学派大炊御門経名藤村 叡運加持身説法心性本浄説新義真言宗本地身説法久我通誠藤村叡運希明清良英仲法俊解深密経十住心論行応玄節快翁玄俊機堂長応