自性(読み)ジショウ

  • じしょう ‥シャウ
  • じしょう〔シヤウ〕

大辞林 第三版の解説

事物をそのものたらしめている本来的な不変の性質。本性。本質。性しよう
衆生しゆじようが本来は持っている真理としての性質。性しよう
サーンキヤ学派の主張する根本物質のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏語。物それ自体の独自の本性。本来の性質。本性。
※即身成仏義(823‐824頃)「又金剛頂経云。諸法本不生。自性離言説。清浄無垢染
※謡曲・山姥(1430頃)「仮に自性を変化して、一念化生の鬼女となって」 〔金剛頂経‐上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の自性の言及

【サーンキヤ学派】より

…活動することなく,その作用はただ物質的原理を観察(ダルシャナdarśana)するのみである。また物質的原理はプラクリティprakṛtiまたはプラダーナpradhāna(〈自性〉)と呼ばれ,唯一の実体であって,永遠で活動性をもち,非精神的な質量因である。物質的原理は三つの構成要素トリグナtriguṇa(〈三徳〉)から成る。…

※「自性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報