コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然保険料

1件 の用語解説(自然保険料の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

自然保険料

毎年の危険率を基にして、1年ごとに計算される保険料のことを指します。生命保険の場合は、自然保険料は危険率(死亡率)に比例して逓増します、年齢の増加とともに保険料が増大し支払が困難になる場合があります。。この欠点を除く目的で、個人保険では、払込期間中は保険料が一定となる平準保険料が使用されています。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の自然保険料の言及

【保険料】より

…そこで保険期間中の保険料を毎年同額にする方法が考案され,一般に用いられている。年齢別の死亡率による1年ごとの保険料を自然保険料といい,毎年同額に平準化された保険料を平準保険料という。なお純保険料に付加保険料を加えた保険料を営業保険料という。…

※「自然保険料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

自然保険料の関連キーワード危険率ラング年次簡易生命表サブラング保険料不可分の原則日本全会社生命表危険の分担全会社表ストックオプション会計

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone