コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然残留磁化 シゼンザンリュウジカ

1件 の用語解説(自然残留磁化の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しぜん‐ざんりゅうじか〔‐ザンリウジクワ〕【自然残留磁化】

自然界に見られる残留磁化。溶岩が冷えて固まる過程で、地磁気の向きに合わせて岩石が磁化されて残る熱残留磁化、海底や湖底で磁性鉱物が堆積する過程で、地磁気に影響されて統計的に特定方向に配列する堆積残留磁化、落雷などによって温度変化無しで獲得する等温残留磁化などが知られる。自然残留磁気

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の自然残留磁化の言及

【自然残留磁気】より

…岩石などが自然に保持している残留磁気を自然残留磁気または自然残留磁化と呼ぶ。岩石は一般に地球磁場の影響を受けて磁化されており,岩石の磁気を測定することで過去の地球磁場の推定が可能である。…

※「自然残留磁化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone