自然界(読み)しぜんかい

精選版 日本国語大辞典「自然界」の解説

しぜん‐かい【自然界】

〘名〙
① 人間をも含んだ、天地万物が存在する範囲。また哲学で、認識の対象となるすべての外界。
※運命論者(1903)〈国木田独歩〉二「自然界(シゼンカイ)は原因結果の理法以外には働かないものと僕は信じて居ますから」
② 天体、山川草木、動物など、人間社会をとりまく自然の世界。
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉七「自然界中の、何界に属するものぞ」
③ 人間界、生物界と区別された物理的世界。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「自然界」の解説

しぜん‐かい【自然界】

人間を含む天地万物の存在する範囲。
人間界以外の、天体や動植物など人間をとりまく自然の世界。
人間と生物を除く、物理的な世

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android