コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由民[古代ギリシア] じゆうみん[こだいギリシア]eleutherioi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自由民[古代ギリシア]
じゆうみん[こだいギリシア]
eleutherioi

ポリスにおいて,奴隷などの隷属民と社会的に区別される人々。これはさらに市民と非市民とに分れる。市民,特に成年男子市民のみが自由民 (完全市民) として,主権的存在としての民会 (エクレシア ) を構成し,役人となり,軍役を果すなど国政に参加した。外国市民で構成された非市民は,メトイコスとして法的保護を受け,職業活動の自由を保証されたが,同時に税を徴収され,公的負担,軍役を課された。古代ローマと異なり,解放奴隷も非市民として扱われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android