コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自破砕溶岩 じはさいようがんautobrecciated lava

世界大百科事典 第2版の解説

じはさいようがん【自破砕溶岩 autobrecciated lava】

溶岩流の流動中や固化時に生ずる破砕された部分。その部分だけ見れば火山角レキ岩である。地下でも生じうるが,地表,特に水底で表面固化後の内部の流動で生ずることが多い。水底溶岩の自破砕構造とよばれるものは水で急冷破砕されて生じたものが多い。【中村 一明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android