コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自破砕角礫岩 じはさいかくれきがんautoclastic breccia

岩石学辞典の解説

自破砕角礫岩

スマイスは岩石がその場所で破壊したものを示唆している[Smyth : 1891].ダイアジェネシスの間に収縮して再び結合したドロマイトには普通に産出する[Smyth : 1891, Bissell & Chilingar : 1967].断層角礫岩(friction breccia)に用いる[Grout : 1932].

自破砕角礫岩

熔岩の既に固結した部分が破砕されて形成された角礫岩で,岩片は同じ熔岩流の熔岩によって固結される[Eliseev : 1935].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android