コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自破砕角礫岩 じはさいかくれきがんautoclastic breccia

2件 の用語解説(自破砕角礫岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

自破砕角礫岩

スマイスは岩石がその場所で破壊したものを示唆している[Smyth : 1891].ダイアジェネシスの間に収縮して再び結合したドロマイトには普通に産出する[Smyth : 1891, Bissell & Chilingar : 1967].断層角礫岩(friction breccia)に用いる[Grout : 1932].

自破砕角礫岩

熔岩の既に固結した部分が破砕されて形成された角礫岩で,岩片は同じ熔岩流の熔岩によって固結される[Eliseev : 1935].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone