コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自費出版 じひしゅっぱんpublish on one's own expense

知恵蔵の解説

自費出版

著者が自費で出版することだが、近年は文字通りの解釈では収まらない用語に発展。旧来は、私家版の歌集・句集や自分史などで、商業出版との対比で用いられていた。しかし1980年代半ば、自費出版物の受託製作専門出版社が、「商品として取次ルートでも販売」とうたい事業展開を始めたことから、「自費出版ではあるが、商品でもある」との定義が加わった。さらに90年代以降は、原稿募集の新聞広告を頻繁に出す専門出版社が続々登場。「原稿審査の上、製作費・販売費を著者と出版社が分担し合う」「初刷分は自費出版、売れて増刷した場合、増刷分より出版社が全額費用負担し、著者印税を支払う」という変則的自費出版を宣伝し、有名出版社顔負けの出版点数を誇る。

(村上信明 出版流通ライター / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

自費出版

統一された業界団体がなく、正確な実態は分からないが、約120社による「日本自費出版ネットワーク」によると年に数万点が発行されているとみられる。商業出版物のように取次会社を通じた流通や書店販売をセールスポイントにする業者も90年代から増え、「協力出版」「共同出版」とも呼ばれる。文芸社の場合、四六判200ページで800部発行するなら180万円前後が相場という。

(2007-05-22 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

じひ‐しゅっぱん【自費出版】

自分で費用を負担して出版すること。→個人出版
[補説]出版物の制作・販売は、著作者と契約した出版社が行うことが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じひしゅっぱん【自費出版】

( 名 ) スル
著者が自分で費用を負担して出版すること。私費出版。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

自費出版の関連キーワードシューマン:ダヴィッド同盟舞曲集/piano solo漫画ペコロスの母に会いに行くカシャンバ ウィリアムズA.O.バルナブース全集ブエノスアイレスの熱狂ピーターラビットのお話R.H. アッバースビリー チャイルズイタロ ズベーボラジーシチェフ蓬莱曲・蓬萊曲自費出版文化賞島崎藤村と破戒コルビエール街の女マギー無関心な人々レオ スミストミノの地獄ヒトコマ日和ヨセ ドノソ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自費出版の関連情報