自選・自撰(読み)じせん

精選版 日本国語大辞典「自選・自撰」の解説

じ‐せん【自選・自撰】

自分でえらぶこと。特に、自分の作品を自分でえらぶこと。また、えらんで編集すること。
俳諧・新花摘(1784)「五元集は角が自選にして、もとより自筆写して」 〔南史‐江淹伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報