コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新花摘 しんはなつみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新花摘
しんはなつみ

江戸時代後期の俳書与謝蕪村著。月渓画,跋。大本1冊。寛政9 (1797) 年刊。蕪村安永6 (77) 年夏,其角の『花摘』にならい,おそらく亡母追善のために,1日 10句をつくる夏行 (げぎょう) を思い立ち,16日間 128句までおおむね実行したが,あとは所労のため7句を追加しただけで中絶した。その後落ち着いてから,これに京都定住以前の回想談,すなわち其角の『五元集』に関する話,骨董論,5つの狐狸談,其角の手紙の話などを加えたもの。蕪村没後の天明4 (84) 年,冊子であった自筆草稿を巻子本 (かんすぼん) にする際,月渓の挿絵と跋文を加え,さらに 13年後に原本を模刻出版した。発句俳文とが調和した蕪村の傑作。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しんはなつみ【新花摘】

江戸後期の発句・俳文集。1冊。与謝蕪村著。寛政9年(1797)刊。俳句のほか怪異談が多く、俳論見聞録なども収録。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しんはなつみ【新花摘】

俳諧句文集。与謝蕪村著。1797年(寛政9)刊。蕪村は其角の《華摘》にならって亡母追善の夏行(げぎよう)を発起し,1777年(安永6)4月8日より発句1日10句の詠を続けたが,16日間で中絶,その後余白を利用して関東や丹後の修業時代の回想的諸話を俳文に仕立てた。これに月渓の挿絵7葉を加えて没後出版したもの。発句編は137句で,鎮魂の情を秘めるものの,華麗な秀句が多く,ことに若葉,牡丹,鮓(すし)の群作が際だつ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんはなつみ【新花摘】

俳諧句文集。一冊。与謝蕪村作。1797年刊。其角の「花摘」にならい亡母追善の意で、1777年の夏に得た句を集め、回想記・俳話その他を収めたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

新花摘の関連キーワード木村騏道新花つみごつごつ念無し無聊呉春驚し

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android