コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臭気強度 しゅうききょうどodour intensity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臭気強度
しゅうききょうど
odour intensity

悪臭物質の臭いの度合い。その度合いを示す方法の一つとして,0=無臭,1=やっと感知できる臭い (検知閾値) ,2=何の臭いかわかる弱い臭い (認知閾値) ,3=楽に感知できる臭い,4=強い臭い,5=強烈な臭い,の6段階が定められている。臭気悪臭物質の複合作用による部分も多く,専門の調香師による嗅覚試験を基礎として,この区分が設定されている。アンモニアなど 12の悪臭物質は,ガスクロマトグラフなどの器機分析による濃度規制とともに,工業専用地域,工業地域,準工業地域で臭気度 3.0,その他の地域で 2.5と臭気強度を使った濃度規制が併用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

臭気強度の関連キーワード換気

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android