コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

至大 シダイ

デジタル大辞泉の解説

し‐だい【至大】

[名・形動]この上もなく大きいこと。また、そのさま。多く、目に見えない、形のないものについていう。「至大な(の)業績」「至高至大

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しだい【至大】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
この上もなく大きいさま。 「 -なる妨害を与ふ可し/経国美談 竜渓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

至大の関連キーワードアシャブハ(阿沙不花)ユチチャル(月赤察児)ハラハスン(哈剌哈孫)ブルハン(不児罕)皇后エセンブハ(也先不花)日本経済団体連合会元の時代(年表)シェークスピア井沢弥惣兵衛オールコットユウェンタス松原 至大平準行用庫仁宗[元]武宗[元]ミネルワユピテル経国美談中国思想無冤録

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android