コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

し【至】

[接頭]時間・場所を示す名詞に付いて、行き着くところ、到達点を表す。「自六月九月」「自成田ホノルル」⇔自(じ)

し【至】[漢字項目]

[音](呉)(漢) [訓]いたる
学習漢字]6年
ぎりぎりのところまで行き着く。いたる。「乃至(ないし)必至
この上ない。いたって。「至極(しごく)至言至上至当至難至福至便
太陽が回帰点に達した日。「夏至(げし)冬至(とうじ)
[名のり]ちか・のり・みち・むね・ゆき・よし
[難読]至是(ここにいたりて)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

至の関連キーワードマジャルタイ(馬札児台)酸性ホスファターゼプラステイン反応酸性ヒドロラーゼ通性好アルカリ菌サプライチェーントクトア(脱脱)元の時代(年表)愛媛県西条市飯岡清水に魚棲まず旭日昇天の勢いママとゴーゴープラステイン高校三年生四至・六至間瀬和三郎最適温度月江正印狩野正栄二至二分

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

至の関連情報