至深し(読み)いたりふかし

  • いたり
  • 深(ふか)し

精選版 日本国語大辞典の解説

① 注意や心づかいが、物事に行きわたっている。思慮深く手ぬかりがない。
※源氏(1001‐14頃)帚木「私ざまの世に住まふべき心おきてを思いめぐらさむ方も、いたりふかく」
② 学問などに深く通じている。造詣(ぞうけい)が深い。また、風景などに奥深さが感じられる。趣が深い。
※源氏(1001‐14頃)須磨「言の葉、筆づかひなどは〈略〉いたりふかう見えたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android