コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臼茸 ウスタケ

デジタル大辞泉の解説

うす‐たけ【臼×茸】

アンズタケ科のキノコ。夏から秋に針葉樹林内に生え、高さ約10センチ。黄褐色で、赤みを帯びることがあり、らっぱ状になる。食用。らっぱたけ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うすたけ【臼茸】

担子菌類のキノコ。高さ5~15センチメートル。らっぱ状で上面は黄褐色または黄赤色。下面は黄白色で脈状のひだが走る。初秋に針葉樹林内に生える。食用。ラッパタケ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

臼茸の関連キーワード担子菌類初秋下面ひだ上面

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android