コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舌鼓を打つ シタツヅミヲウツ

デジタル大辞泉の解説

舌鼓(したつづみ)を打(う)・つ

あまりのおいしさに舌を鳴らす。舌鼓を鳴らす。「山海の珍味に―・つ」
不満げに舌打ちをする。
「私は―・って引きかえして」〈宇野浩二・苦の世界〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

したつづみをうつ【舌鼓を打つ】

おいしい物を味わった満足感を舌を鳴らして表す。
不愉快な気持ちを、舌を鳴らして表す。 「さりとは憎い奴と-・つ所へ帰りぬ/浮世草子・新色五巻書」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

舌鼓を打つの関連キーワードグリーン・ツーリズム浮世草子舌打ち笹鳴き満足感舌鼓

舌鼓を打つの関連情報