航空戦艦(読み)こうくうせんかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

航空戦艦
こうくうせんかん

戦艦巡洋艦の前後甲板など一部を改装して飛行甲板を設け,艦載機を搭載し,発着できるようにした両用艦。第2次世界大戦中,日本は航空母艦の不足を補うために戦艦『日向』『伊勢』の艦尾砲塔を撤去して後甲板に飛行甲板を設け,航空戦艦に改装したが,活躍の場面はなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android