航続距離(読み)コウゾクキョリ

デジタル大辞泉の解説

こうぞく‐きょり〔カウゾク‐〕【航続距離】

船舶や航空機が、搭載した1回の燃料によって航行を続けることのできる距離。航行速度・風向・重量、また航空機の場合は飛行高度などにより同じ量の燃料であっても距離は変わる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうぞくきょり【航続距離】

船舶・航空機が一度搭載した燃料だけで航行を継続できる距離。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうぞく‐きょり カウゾク‥【航続距離】

〘名〙 船舶や航空機が途中での燃料の補給なしに航行を続けることができる距離。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

航続距離の関連情報