航続距離(読み)コウゾクキョリ

デジタル大辞泉の解説

こうぞく‐きょり〔カウゾク‐〕【航続距離】

船舶や航空機が、搭載した1回の燃料によって航行を続けることのできる距離。航行速度・風向・重量、また航空機の場合は飛行高度などにより同じ量の燃料であっても距離は変わる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうぞくきょり【航続距離】

船舶・航空機が一度搭載した燃料だけで航行を継続できる距離。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

航続距離の関連情報