コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

航続距離 コウゾクキョリ

デジタル大辞泉の解説

こうぞく‐きょり〔カウゾク‐〕【航続距離】

船舶や航空機が、搭載した1回の燃料によって航行を続けることのできる距離。航行速度・風向・重量、また航空機の場合は飛行高度などにより同じ量の燃料であっても距離は変わる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうぞくきょり【航続距離】

船舶・航空機が一度搭載した燃料だけで航行を継続できる距離。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

航続距離の関連キーワードエアバスA350CBTRデハビランド・コメットMテクノスーパーライナーMRJ(完成予想図)オスプレイ(V22)イリューシンIl転換式回転翼航空機次期輸送機(CX)カツオ・マグロ漁船Tティルト・ローターベリエフAボーイング777ベル412EP型空中給油・輸送機九七式重爆撃機零式水上観測機

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

航続距離の関連情報