航続距離(読み)コウゾクキョリ

デジタル大辞泉の解説

こうぞく‐きょり〔カウゾク‐〕【航続距離】

船舶や航空機が、搭載した1回の燃料によって航行を続けることのできる距離。航行速度・風向・重量、また航空機の場合は飛行高度などにより同じ量の燃料であっても距離は変わる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうぞくきょり【航続距離】

船舶・航空機が一度搭載した燃料だけで航行を継続できる距離。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

航続距離の関連情報