船舶管理人(読み)センパクカンリニン

大辞林 第三版の解説

せんぱくかんりにん【船舶管理人】

船舶共有者の代理人として、法定事項を除き船舶の利用に関する一切の裁判上または裁判外の行為をなす権限を有する者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せんぱく‐かんりにん ‥クヮンリニン【船舶管理人】

〘名〙 船舶共有者の代理人として、船舶の利用に関するすべての事項を取り扱う権限を有する者。
※商法(明治三二年)(1899)五五三条「船舶管理人は〈略〉船舶共有者に代はりて船舶の利用に関する一切の裁判上又は裁判外の行為を為す権限を有す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android