コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良心的兵役拒否者 りょうしんてきへいえききょひしゃconscientious objector

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

良心的兵役拒否者
りょうしんてきへいえききょひしゃ
conscientious objector

宗教的,哲学的,思想的あるいは政治的な信条に基づき,武器をとること,兵役,そのほかあらゆる種類の軍事訓練を拒否する人のこと。宗教上の理由による兵役拒否はヨーロッパでは長い歴史があり,拒否者に対する迫害が絶えなかった。しかし第1次世界大戦中のアメリカとイギリスで,宗教上の理由による兵役拒否が認められたのをきっかけに,現在では多くの自由主義諸国で,各種の理由による良心的兵役拒否が正式に認められている。兵役拒否の代償としては,一定期間に非軍事的任務あるいは公共の任務に従事することを義務づけられる場合が多い。戦時体制下のイスラエルなどでは,男性の兵役拒否は認められていない。日本でも日中戦争当時,キリスト教徒のグループが兵役を拒否した事件 (燈台社事件) があった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

良心的兵役拒否者の関連キーワードバンティング(Basil Bunting)B. バンティング非暴力主義矢部 喜好矢部喜好co

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

良心的兵役拒否者の関連情報