良楽(読み)りょうらく

精選版 日本国語大辞典「良楽」の解説

りょう‐らく リャウ‥【良楽】

王良と伯楽。ともに馬の良否を見分けるのにすぐれていた人。転じて、馬をよく見分け、よく御する人。
※十訓抄(1252)一〇「楚山にえたりし玉璞も、良工にしられざりし程は石にことならず。呉坂を過ける騏も、良楽にあはざりける間は、しほをこそおひければ」 〔班固‐答賓戯〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「良楽」の解説

りょう‐らく〔リヤウ‐〕【良楽】

馬の良否を見分ける名人の王良と伯楽。転じて、馬を見分け、御することにすぐれた人。→伯楽

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android