伯楽(読み)ハクラク

デジタル大辞泉の解説

はくらく【伯楽】

《中国の天馬を守る星の名から》
中国周代の、馬を見分ける名人。姓は孫、名は陽。

馬の素質の良否をよく見分ける人。また、牛馬の病気を治す人。
人物を見抜き、その能力を引き出し育てるのがじょうずな人。「球界の名伯楽

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はくらく【伯楽】

○ 「荘子馬蹄」などにみえる、中国周代にいた馬の良否を見分ける名人の名。
馬の良否を良く見分ける人。また、馬や牛の病気を治す人。
人の資質・能力などを見抜く力のある人。また、その資質・能力を引き出すのに巧みな人。 「名-」 → ばくろう
[句項目] 伯楽の一顧を得る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はく‐らく【伯楽】

[1]
[一] 古く中国の星の名。天馬を守る神という。
※俳諧・類船集(1676)波「(ハクラク)〈略〉伯楽は天の星の名也と古文の注には出たり」 〔星経〕
[二] 「荘子‐馬蹄」などに見える、中国春秋時代にいた馬を見分ける名人。姓は孫、名は陽で、秦の穆公に仕えたという。
※蕉堅藁(1403)題画「千里雄姿、未覊。世無伯楽、識者為誰」 〔韓愈‐雑説〕
[2] 〘名〙
① よく馬の良否を見分ける者。また、馬や牛の病気をなおす者。博労(ばくろう)。〔伊京集(室町)〕
② 転じて、人物を見ぬく眼力のある人。
閑談の閑談(1933)〈吉野作造〉四「滝田君は無理に私を論壇に引っ張り出した伯である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の伯楽の言及

【博労】より

…馬喰,伯楽とも書く。古くは伯楽の字が用いられ,馬のよしあしを見る人,または馬の病を治療するものを指したが,中近世では牛馬の売買あるいはその仲介を業とするものを意味するようになった。…

※「伯楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伯楽の関連情報