コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伯楽 ハクラク

デジタル大辞泉の解説

はくらく【伯楽】

《中国の天馬を守る星の名から》
中国周代の、馬を見分ける名人。姓は孫、名は陽。

馬の素質の良否をよく見分ける人。また、牛馬の病気を治す人。
人物を見抜き、その能力を引き出し育てるのがじょうずな人。「球界の名伯楽

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はくらく【伯楽】

○ 「荘子馬蹄」などにみえる、中国周代にいた馬の良否を見分ける名人の名。
馬の良否を良く見分ける人。また、馬や牛の病気を治す人。
人の資質・能力などを見抜く力のある人。また、その資質・能力を引き出すのに巧みな人。 「名-」 → ばくろう
[句項目] 伯楽の一顧を得る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の伯楽の言及

【博労】より

…馬喰,伯楽とも書く。古くは伯楽の字が用いられ,馬のよしあしを見る人,または馬の病を治療するものを指したが,中近世では牛馬の売買あるいはその仲介を業とするものを意味するようになった。…

※「伯楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

伯楽の関連キーワード千里の馬は常に有れども、伯楽は常には有らず伯楽一たび冀北の野を過ぎて馬群遂に空し浅草庵市人(あさくさあんいちんど)ブッチ(Jr.) ハーモン金原亭 馬生(10代目)アナ チュマチェンコ伯楽の一顧を得る博労・馬喰・伯楽大ノ海 久光奈万須盛方今村市兵衛千種庵霜解野田高梧馬医草紙今村英生花籠昶光浅草市人長堀通り桑楊庵光ケイズル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伯楽の関連情報