良然(読み)りょうねん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良然 りょうねん

1842-1876 幕末-明治時代の僧。
天保(てんぽう)13年生まれ。江戸の吉祥寺学寮にまなぶ。のち比叡(ひえい)山で天台をおさめ,郷里越後(えちご)(新潟県)にかえって「維摩経(ゆいまぎょう)註釈」「閑余吟」などをあらわした。明治9年死去。35歳。俗姓は清水。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android