色相環(読み)シキソウカン

百科事典マイペディアの解説

色相環【しきそうかん】

スペクトルの色を波長の順に赤から紫まで並べ,赤と紫の光を種々に混合した色でスペクトルの両端をつないで連続した色の環を作ったもの。色相はその上の位置により正確に指示され,色相の変化が系統的に表される。色相環上の相対する色は補色である。
→関連項目色立体

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しきそうかん【色相環】

代表的な色相を系統的に環状に並べたもの。向かい合った位置にある色が互いに補色になるものもある。色環。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の色相環の言及

【色覚】より

… 色覚は,色調,明度および飽和度の3要素にわけることができる。色調は可視光線の波長の差によって生ずるもので,長い波長から赤,橙,黄,緑,青,青紫となり,青紫と赤の間に紫を加えて連続させたものを色相環という。紫は,実在の波長と対応しない感覚上の色であり,この色によって色相環が成りたっている。…

※「色相環」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android