コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色素増感 しきそぞうかんdye‐sensitization

知恵蔵の解説

色素増感

可視光応答性のない半導体(半導体とは)などの表面に色素を吸着させ、半導体に光電流の発生などの可視光応答を生じさせることができる。これを色素増感作用という。n型半導体の場合、色素増感作用で注入された電子により、銀イオンが還元されて銀粒子となる作用は、銀塩カラー写真として利用されている。近年、色素増感作用を利用した太陽電池(色素増感太陽電池)の研究が盛んに行われている。高性能で資源的に制約がなく、安価に製造できる可能性があり、次世代型の太陽電池として注目されている。太陽電池変換効率10%の性能報告がある。色素増感太陽電池は、透明導電性ガラス基板上に形成された多孔質チタニア(二酸化チタンの結晶)薄膜光電極、ヨウ素レドックスを含む有機系電解質溶液、白金(Pt)対極から構成され、チタニア光電極の表面に単分子層の色素が固定されている。

(市村禎二郎 東京工業大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

色素増感の関連キーワードエネルギー変換用色素近赤外線吸収色素太陽電池用ガラス光電変換材料湿式太陽電池光増感色素写真用色素機能性色素DSSC染料工業DSC光化学

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android