コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単分子層 たんぶんしそうmonomolecular layer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単分子層
たんぶんしそう
monomolecular layer

厚さが分子の直径程度の薄い層。これが界面に存在し膜をつくっているときは,単分子膜という。高級脂肪酸などをベンゼンに溶かし水面上に滴下すると,親水基を水側に,疎水基を空気側に向けて分子が配向し,単分子膜をつくる。全表面上にアルカンチオールが吸着するとき,非常に緻密な単分子層ができる。水面上や固体面上の単分子膜は,分子配列の特殊性が反映しているため,物質の構造および反応,界面現象の研究上重要である。半導体レーザー集積回路のような微細構造の技術では,分子線エピタクシー法でこのような単分子層をつくり,機能の高性能化に利用している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たんぶんしそう【単分子層 monomolecular layer】

セッケンの主成分である脂肪酸塩(たとえばステアリン酸ナトリウムC17H35COONa)のごく少量を純水に加えると,脂肪酸イオンは水表面に集まり,水になじまない炭化水素鎖を上(空気側)に,カルボキシル基を下(水側)に向けて,水‐空気界面に並ぶ。表面積当りの脂肪酸塩濃度が十分に低いと,脂肪酸塩分子は表面を自由に動きまわるが,濃度が高くなると,表面(水‐空気界面)にぎっしりと並ぶ。このように分子が液体または固体の表面(あるいは界面)につくる分子の直径程度の層を単分子層,一分子層または単分子膜monomolecular filmという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

単分子層の関連キーワードブルナウアー‐エメット‐テラーの吸着等温式ラングミュアラングミュアの吸着等温式ギブスの吸着等温式BET吸着等温式薄膜(はくまく)アボガドロ定数ラングミュア生物電池色素増感LB膜

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android