コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単分子層 たんぶんしそう monomolecular layer

2件 の用語解説(単分子層の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単分子層
たんぶんしそう
monomolecular layer

厚さが分子の直径程度の薄い層。これが界面に存在し膜をつくっているときは,単分子膜という。高級脂肪酸などをベンゼンに溶かし水面上に滴下すると,親水基を水側に,疎水基を空気側に向けて分子が配向し,単分子膜をつくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たんぶんしそう【単分子層 monomolecular layer】

セッケンの主成分である脂肪酸塩(たとえばステアリン酸ナトリウムC17H35COONa)のごく少量を純水に加えると,脂肪酸イオンは水表面に集まり,水になじまない炭化水素鎖を上(空気側)に,カルボキシル基を下(水側)に向けて,水‐空気界面に並ぶ。表面積当りの脂肪酸塩濃度が十分に低いと,脂肪酸塩分子は表面を自由に動きまわるが,濃度が高くなると,表面(水‐空気界面)にぎっしりと並ぶ。このように分子が液体または固体の表面(あるいは界面)につくる分子の直径程度の層を単分子層一分子層または単分子膜monomolecular filmという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

単分子層の関連キーワード海水石鹸しらかば粉石鹸せっけんの街なの花せっけんミヨシマルセルせっけんやさしいせんたく。せっけんモルホリン脂肪酸塩カリセッケン(カリ石鹼)セッケン(石鹼)脂肪酸 (fatty acid)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

単分子層の関連情報