コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

n型半導体 エヌがたはんどうたいn-type semiconductor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

n型半導体
エヌがたはんどうたい
n-type semiconductor

半導体の電気伝導を支配するキャリア (担体) として電子および正孔の双方が関与しうるが,特にキャリアが電子である半導体をいう。nとは,金属との接触において,金属側を正,半導体側を負 negativeの電圧にしたとき,電流がよく流れるところから名づけられたが,おもなキャリアの電子の電荷が負であることにも一致する。不純物半導体としては電子を供与するドナーを入れた場合がn型になり,半導体の禁制帯中にドナー準位と呼ばれる不純物準位が形成される。低温ではドナー準位に束縛されていた電子は,温度上昇とともに伝導帯に熱的に励起され伝導に寄与するようになる。 (→真性半導体 , p型半導体 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

n型半導体【エヌがたはんどうたい】

半導体において,電荷を運搬する多数媒体が負の電荷であるもの。負(negative)の頭文字をとってn型と呼ばれる。p型半導体との組合せで利用される。真性半導体(4価)に,5価の不純物(ドナー)を添加すると,負の電荷である電子が増加するので,電荷を運搬する媒体として電子が支配的になり,n型半導体となる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

n型半導体の関連キーワードバイポーラートランジスターインパットダイオード可変容量ダイオードトンネルダイオード電荷転送デバイスシリコン太陽電池リードダイオード本多・藤嶋効果半導体レーザー発光ダイオードトランジスタ酸化物半導体少数キャリアツェナー効果多数キャリア熱電変換素子オーム接触酸化物陰極ドーパントpn接合

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android