コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芝川 又右衛門 シバカワ マタエモン

1件 の用語解説(芝川 又右衛門の意味・用語解説を検索)

20世紀日本人名事典の解説

芝川 又右衛門
シバカワ マタエモン

江戸時代末期〜昭和期の実業家



生年
嘉永6年10月7日(1853年)

没年
昭和13(1938)年6月9日

出生地
摂津国西成郡伏見町(大阪府)

経歴
生家は両替商、外国雑貨貿易商。明治5年大阪中之島で第一商社を設立、貿易、為替業を行ったが失敗し、9年解散。この間8年家督を継ぎ、13年ランプ商平栄種吉がランプ口金の製造に成功すると、共同出資して株式会社三平舎を設立、販売を一手に引き受け輸出するまでに至った。ついで住友との共同出資により日本蒔絵会社を創設、紙製漆器業を始め、のち芝川漆器会社と改称した。蔵書家として知られ、漢詩、和歌、俳句、また茶道をよくした。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

芝川 又右衛門の関連情報