コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芬皇寺址 プンファンサジ

1件 の用語解説(芬皇寺址の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

プンファンサジ【芬皇寺址】

韓国南部のキョンサンプクト(慶尚北道キョンジュ(慶州)市にある新羅時代の寺院跡。634年に新羅の善徳女王が建立したといわれている統一新羅4大寺の一つで、現在は小さな法堂と井戸、石塔が残っている。この石塔は本来は7層、あるいは9層であったと推測されているが、現在残っているのは3層のみである。また、この石塔は韓国最古の石塔で、国宝に指定されているほか、世界遺産にも選定されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芬皇寺址の関連キーワード慶尚南道慶尚北道全羅北道山腹三福田大邱万福マスコンサンプション安東国際仮面劇フェスティバル慶尚道

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone