コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法堂 ハットウ

3件 の用語解説(法堂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はっ‐とう〔‐タウ〕【法堂】

禅寺で、説法を行う堂。他宗の講堂にあたる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の法堂の言及

【講堂】より

…仏教寺院において経法を講じ,法会,儀式を行う主要な堂の一つ。講法堂とも呼ばれ,禅宗寺院では法堂(はつとう)と呼ばれる。古代には金堂や塔のすぐ背後におかれ,多くは正面8間以上の大規模な正面性の強い建築であった。…

【禅宗寺院建築】より

…五山は国家鎮護の道場として朝廷と幕府の官寺格となって手厚く造営され,伽藍も完備した大規模なものとなった。 禅宗寺院の伽藍は,背面に丘を負い前面へゆるい勾配で下がる寺地に,古代伽藍同様に中心軸上に総門,三門(山門),仏殿,法堂(はつとう)を配する。三門から回廊が出て前庭を囲み,仏殿または法堂に達する。…

※「法堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

法堂の関連情報