芭蕉忌(読み)ばしょうき

精選版 日本国語大辞典「芭蕉忌」の解説

ばしょう‐き バセウ‥【芭蕉忌】

〘名〙 陰暦一〇月一二日、俳人松尾芭蕉日。芭蕉は元祿七年(一六九四)一〇月一二日、旅の途次大坂で亡くなり、その忌日は元祿七年の初願忌、同八年の小祥忌以後、年々各地において修せられるようになった。時雨忌。桃青(とうせい)忌。芭蕉の日。芭蕉会。《季・冬》
※俳諧・秋の水(1745)上「芭蕉忌にあわで花野の恨哉〈桃妖〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android