時雨忌(読み)しぐれき

精選版 日本国語大辞典「時雨忌」の解説

しぐれ‐き【時雨忌】

〘名〙 (時雨の降る季節の一〇月一二日に没したところから) 松尾芭蕉の忌日。芭蕉忌。時雨会(え)。《季・冬》
※妻木(1904‐06)〈松瀬青々〉冬「しぐれ忌のこの暮れしのべ浪花人」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の時雨忌の言及

【芭蕉】より

…その間の経緯は,随行の門人支考の《芭蕉翁追善之日記》や一門を代表する其角の追善集《枯尾花(かれおばな)》(1694)に詳しい。命日を時雨忌という。
[編著]
 上述のごとく《次韻》以後は《俳諧七部集》の各集を後見したのみで,一冊の撰集も刊行していない。…

※「時雨忌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android