時雨忌(読み)シグレキ

大辞林 第三版の解説

しぐれき【時雨忌】

芭蕉の忌日。時雨の降る頃、陰暦10月12日に没したのでいう。芭蕉忌。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しぐれ‐き【時雨忌】

〘名〙 (時雨の降る季節の一〇月一二日に没したところから) 松尾芭蕉の忌日。芭蕉忌。時雨会(え)。《季・冬》
※妻木(1904‐06)〈松瀬青々〉冬「しぐれ忌のこの暮れしのべ浪花人」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の時雨忌の言及

【芭蕉】より

…その間の経緯は,随行の門人支考の《芭蕉翁追善之日記》や一門を代表する其角の追善集《枯尾花(かれおばな)》(1694)に詳しい。命日を時雨忌という。
[編著]
 上述のごとく《次韻》以後は《俳諧七部集》の各集を後見したのみで,一冊の撰集も刊行していない。…

※「時雨忌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android