コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花の心 ハナノココロ

デジタル大辞泉の解説

はな‐の‐こころ【花の心】

花に心があるものとしていう、その心。
「うちはへて春はさばかりのどけきを―や何急ぐらむ」〈後撰・春下〉
花に寄せる思い。
「春の歌、―など、さ言ふ言ふも」〈・二三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

花の心の関連キーワードアグリジェントの遺跡地域マツブサ(松房)金子孫二郎ディオーン花道全書お花半七理無い東明流花火瓶史寺啄

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花の心の関連情報