花仙(読み)カセン

大辞林 第三版の解説

かせん【花仙】

〔花木録「以海棠、為花中神仙」より〕
海棠かいどうの異名。 「 -の姿置きあげに/浄瑠璃・嫗山姥」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐せん クヮ‥【花仙】

〘名〙 (「花木譜」の「以海棠、為花中神仙」から) 植物「かいどう(海棠)」の古名。《季・春》
※浄瑠璃・嫗山姥(1712頃)燈籠「かせんの姿置き揚げに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花仙の関連情報