海棠(読み)カイドウ

デジタル大辞泉の解説

かい‐どう〔‐ダウ〕【海×棠】

バラ科の落葉小高木。枝は紫色で垂れ下がり、葉は楕円形。4月ごろ、紅色の花が下向きに咲き、実は丸く、黄褐色に熟す。中国の原産で、庭木などにする。垂枝(すいし)海棠。花(はな)海棠。 春》「―や白粉に紅をあやまてる/蕪村
ミカイドウ古名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいどう【海棠】

バラ科の落葉低木。中国原産。花木として古く日本に渡来。葉は長楕円形で細鋸歯がある。春、長い柄のある紅色の五弁花を数個ずつ下垂する。果実は球形で黄赤熟する。ハナカイドウ。スイシカイドウ。 [季] 春。
ミカイドウの別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

海棠 (カイドウ)

学名:Malus micromalus
植物。バラ科の落葉小高木,園芸植物

海棠 (カイドウ)

植物。バラ科の落葉高木。ミカイドウの別称

海棠 (カイドウ)

植物。バラ科の落葉小高木・低木,園芸植物。ハナカイドウの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐どう ‥ダウ【海棠】

〘名〙
① バラ科の落葉低木。中国原産で、日本では古くから観賞用に栽植されている。幹は高さ五~八メートルに達し、枝は多数に分かれ紫色で垂れ下がって広がり、先端が刺(とげ)になることがある。葉は互生し、先のとがった楕円形で、若葉のうちは紅色を帯びる。四~五月頃、長い花柄にリンゴの花に似た三~五センチメートルの紅色の五弁花が開く。果実は径五~八ミリメートルの球形で、黄赤色に熟す。漢名、垂糸海棠。はなかいどう。《季・春》 〔尺素往来(1439‐64)〕
俳諧・猿蓑(1691)四「海棠のはなは満ちたり夜の月〈普船〉」
② =みかいどう(実海棠)〔大和本草(1709)〕
③ なよやかな美女をたとえていう。
※俳諧・犬子集(1633)二「海棠のねむる鼾か風の音〈正直〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android