コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花屋日記 ハナヤニッキ

デジタル大辞泉の解説

はなやにっき【花屋日記】

江戸後期の俳諧書。2巻。藁井文暁編。文化8年(1811)刊。最初「芭蕉翁反古文(ばしょうおうほごぶみ)」の書名であったが、天保年間(1830~1844)の再版で現書名となった。芭蕉門人手記や手紙を集めた形をよそおった偽書

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はなやにっき【花屋日記】

俳書。二巻。僧文暁著。1811年刊。上巻に芭蕉の発病から終焉・葬送の模様を伝える門人たちの手記を、下巻に門弟・縁者の書簡を収めるが、創作である。芭蕉翁反古文ばしようおうほごぶみ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

花屋日記の関連キーワード終焉発病書簡葬送門弟縁者上巻下巻俳書

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android