花房 義質(読み)ハナブサ ヨシモト

20世紀日本人名事典の解説

明治期の外交官,子爵 枢密顧問官;駐朝鮮公使;駐ロシア公使;日本赤十字社社長。



生年
天保13年1月1日(1842年)

没年
大正6(1917)年7月9日

出生地
備前国岡山(岡山県岡山市)

別名
幼名=寅太郎,号=眠雲,長嶺居士

経歴
岡山藩の儒者について漢籍を学び、緒方洪庵門下で蘭学を学ぶ。慶応3年欧米に留学。帰国後、明治2年外国官御用命掛となり、外務大丞など歴任し、清国や朝鮮に駐在。5年朝鮮にて日韓貿易の交渉にあたる。6年ロシア公使館書記官として樺太千島交換条約締結にも携わる。13年朝鮮弁理公使。15年壬午軍乱に際し、全権として済物浦条約を結ぶ。のちロシア特命全権公使、農商務次官、宮中顧問官、宮内次官などを歴任し、44年枢密顧問官となる。また大正元年日本赤十字社第3代社長に勅任された。明治40年子爵

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説


肩書
枢密顧問官,駐朝鮮公使,駐露公使

生年月日
天保13年1月1日(1842年)

出生地
備前国岡山(岡山県岡山市)

経歴
岡山藩の儒者について漢籍を学び、緒方洪庵門下で蘭学を学ぶ。慶応3年欧米に留学。帰国後、外国官御用命掛となり、外務大丞など歴任し、清国や朝鮮に駐在。明治5年朝鮮にて日韓貿易の交渉にあたる。6年ロシア公使館書記官として樺太千島交換条約締結にも携わる。13年朝鮮弁理公使。15年壬午軍乱に際し、全権として済物浦条約を結ぶ。のちロシア特命全権公使、農商務次官、宮中顧問官、宮内次官などを歴任し、44年枢密顧問官となる。また日本赤十字社社長も務めた。

没年月日
大正6年7月9日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android