コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花輪の聖母子

デジタル大辞泉プラスの解説

花輪の聖母子

ネーデルラントの画家ヤン・ブリューゲル(父)とルーベンスとの共同制作による絵画(1617)。原題《Madonna mit Kind im Blumenkranz》。「ビロードのブリューゲル」と呼ばれるヤン(ピーテル・ブリューゲルの次男)が主に花輪の部分を描いている。ミュンヘン、アルテピナコテーク所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報