コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花輪の聖母子

1件 の用語解説(花輪の聖母子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

花輪の聖母子

ネーデルラントの画家ヤン・ブリューゲル(父)とルーベンスとの共同制作による絵画(1617)。原題《Madonna mit Kind im Blumenkranz》。「ビロードのブリューゲル」と呼ばれるヤン(ピーテル・ブリューゲルの次男)が主に花輪の部分を描いている。ミュンヘン、アルテピナコテーク所蔵。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花輪の聖母子の関連キーワードニューネーデルラントネーデルラント戦争ブリューゲルフリューゲルホーン聖ウルスラの聖遺物箱雪中の狩人ネーデルラント室内管弦楽団ネーデルラントの諺農民の踊りニューネーデルラント植民地

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone