コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花輪莞爾 はなわ かんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

花輪莞爾 はなわ-かんじ

1936- 昭和後期-平成時代のフランス文学者,小説家。
昭和11年1月6日生まれ。昭和45年国学院大教授。19世紀のフランス文学や童話を翻訳するほか,小説もかき,46年「渋面の祭」が芥川賞候補となる。東京出身。東大卒。作品に「埋もれた時」「悪夢百一夜」「猫はほんとうに化けるのか」,訳書ボワイエ「禁じられた遊び」,「ランボー全集」(共訳)など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

花輪莞爾の関連キーワードファノン小説家ベルナ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android