コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花鳥の使ひ カチョウノツカイ

デジタル大辞泉の解説

かちょう‐の‐つかい〔クワテウ‐つかひ〕【花鳥の使ひ】

《唐の玄宗が天下の美女を選ぶために遣わした使者をさす名称から》男女の仲立ちをする使い。恋の仲立ち。
「好色の家には、これ(=和歌)をもちて―とし」〈古今真名序

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android