コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芳賀東亭 はが とうてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芳賀東亭 はが-とうてい

?-? 江戸時代中期の医師。
下野(しもつけ)宇都宮の人。安永(1772-81)のころ疫病が大流行した際,江戸で治療にあたり,名医といわれる。のち常陸(ひたち)(茨城県)谷田部藩にまねかれた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone