コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷田部藩 やたべはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

谷田部藩
やたべはん

江戸時代,常陸国 (茨城県) 筑波郡谷田部地方を領有した藩。元和2 (1616) 年細川興元が下野 (栃木県) 茂木より1万 6200石で入封したのに始る。のち 100石加増。明治2 (1869) 年に下野茂木へ陣屋を移し,廃藩外様,江戸城柳間詰。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

谷田部藩
やたべはん

常陸(ひたち)国筑波(つくば)郡谷田部(茨城県つくば市)に置かれた外様(とざま)藩。藩主細川氏、1万6000石。初め下野(しもつけ)(栃木県)茂木(もてぎ)に陣屋を置いたが、1616年(元和2)谷田部に移り、1871年(明治4)ふたたび茂木に移った。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の谷田部藩の言及

【細川氏】より

…70年両支藩は本藩に吸収された。常陸谷田部藩は藤孝の次男興元が,関ヶ原の戦の功により1610年(慶長15)下野国芳賀郡に1万石を与えられ茂木を居所とし,さらに16年(元和2)常陸国に6200石余加増され,筑波郡矢田部に居所を置いた。維新後本家は侯爵,分家は子爵。…

※「谷田部藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

谷田部藩の関連キーワード細川興建細川興昌細川興虎細川興栄細川興晴広瀬周伯芳賀東亭細川興徳細川興貫江戸時代渡辺善斎細川興隆

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android