コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芳野南山 よしの なんざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芳野南山 よしの-なんざん

1767-1831 江戸時代後期の漢詩人。
明和4年生まれ。芳野金陵の父。家は代々下総(しもうさ)葛飾郡松ケ崎村(千葉県)の庄屋。医を業とし格調のたかい詩をよんだ。死後に「南山詩文遺稿」がまとめられた。天保(てんぽう)2年8月11日死去。65歳。名は彝。字(あざな)は序卿。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

芳野南山の関連キーワードプリーストリー(Joseph Priestly)マイソール戦争総合年表(アメリカ)ピトケアン島川崎定孝古都アユタヤアユタヤ朝曲亭馬琴ワットプラマハタートアユタヤ朝

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android