コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芳野金陵 よしの きんりょう

美術人名辞典の解説

芳野金陵

儒者。下総生。名は世育、字は叔果、金陵は号、別号に匏宇。南山の子。亀田綾瀬に学ぶ。本田侯に仕える。明治11年(1878)歿、77才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芳野金陵 よしの-きんりょう

1803*-1878 江戸後期-明治時代の儒者。
享和2年12月20日生まれ。芳野南山の次男。江戸にでて亀田綾瀬(りょうらい)にまなぶ。弘化(こうか)4年駿河(するが)(静岡県)田中藩の儒官となり,藩財政の改革,文教刷新につくす。文久2年昌平黌(しょうへいこう)儒官。明治11年8月5日死去。77歳。下総(しもうさ)葛飾郡松ケ崎村(千葉県)出身。名は成育。字(あざな)は叔果。通称は愿三郎。著作に「金陵詩鈔」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

芳野金陵

没年:明治11.8.5(1878)
生年:享和2.12.20(1803.1.13)
幕末維新期の儒学者。下総(千葉県)の人。名は成育,字は叔果,通称は愿三郎,金陵と号す。儒医芳野南山の子。初め父に学び,22歳のとき江戸に出て亀田綾瀬 に師事した。その後家塾を開くが,しばしば火災に遭うなどの不運に見舞われて極貧生活を送る。弘化4(1847)年駿河(静岡県)田中藩の儒官となり,文教はもちろん,財政再建などに尽力した。また黒船来航などで揺れる国情を憂い,ひそかに同志と画策するところがあったという。文久2(1862)年昌平黌の儒官となり,維新後も大学教授として出仕,教育や書物の編集に力を注いだ。<著作>『金陵遺稿』

(高橋昌彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芳野金陵
よしのきんりょう

[生]享和2(1802).12.20. 下総
[没]1878.8.5. 東京
幕末~維新期の儒学者。名は世育。字は叔果。駿河田中藩に扶持を受け,同藩の財政改革に従事。藩校文武校を興し,文久2 (1862) 年昌平黌に招かれ,維新後,二等教授,次いで文部中博士。主著『金陵遺稿』 (10巻) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

芳野金陵 (よしのきんりょう)

生年月日:1802年12月20日
江戸時代末期;明治時代の駿河田中藩儒
1878年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

芳野金陵の関連キーワード近藤 元粋河本杜太郎塩谷 青山村松藤吉郎板倉 胤臣松田和孝信夫恕軒近藤元粋芳野桜陰滝 凌雲生年月日明治時代秋野庸彦塩谷青山湯本武彦国分元杏芳野復堂近藤南州青山忠誠芳野菅子

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android