コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芳香族化反応 ほうこうぞくかはんのうaromatization reaction

世界大百科事典 第2版の解説

ほうこうぞくかはんのう【芳香族化反応 aromatization reaction】

芳香族炭化水素を合成する反応。芳香族炭化水素は石油のナフサ留分を原料としてつくられているが,その方法は2種類に大別される。第1はナフサの接触改質反応であって,ナフサ中に含まれるパラフィン系炭化水素(アルカン)が脱水素環化してシクロヘキサン類となり,これがさらに脱水素して芳香族炭化水素が生成する。たとえば,n‐ペンタンC7H16からメチルシクロヘキサン,トルエンをつくる反応はこの例である。この芳香族化反応は,白金を酸性アルミナに担持した触媒を用いて,約500℃,圧力10~35気圧の条件下で行われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

芳香族化反応の関連キーワードメチルシクロヘキサン

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android