コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若林正旭 わかばやし まさあきら

美術人名辞典の解説

若林正旭

江戸後期の国学者。岡山生。通称は直助、のち徳左衛門、字は了明、隠居して素一。家号は赤穂屋。木下幸文に歌を学んだのち、香川景樹の門に入る。蹴鞠を能くした。弘化2年(1845)79才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

若林正旭 わかばやし-まさあきら

1767-1845 江戸時代後期の国学者。
明和4年6月4日生まれ。備前岡山の諸物問屋赤穂屋の主人。木下幸文(たかふみ)に和歌をまなび,のち香川景樹(かげき)の門にはいる。蹴鞠(けまり)も得意とした。弘化(こうか)2年6月27日死去。79歳。字(あざな)は子明。通称は直助,徳左衛門。号は素一。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

若林正旭 (わかばやしまさあきら)

生年月日:1767年6月4日
江戸時代後期の国学者
1845年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

若林正旭の関連キーワード小神富春生年月日

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android