苦は色変える松の風(読み)くはいろかえるまつのかぜ

精選版 日本国語大辞典「苦は色変える松の風」の解説

く【苦】 は 色(いろ)(か)える松(まつ)の風(かぜ)

に吹く風の音だけを聞いてゆうゆうと暮らしている世捨て人にも、苦労性質がかわっているだけで、やはりちがった労があるものだ。人間はどんな人でも、それぞれ苦労があるものだ。また、苦労にはいろいろあるものだの古歌(典拠未詳)の「の音聞かじと入りし山のに苦は色かへで松風ぞ吹く」によるか。
浄瑠璃薩摩歌(1711頃)中「苦はいろかゆる松かぜとほり風のふく様に、身にもしまぬ一時恋ものいふまもないあだしおとこと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android