苦悩の中を行く(読み)くのうのなかをいく(英語表記)Хождение по мукам/Hozhdenie po mukam

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロシアの作家A・N・トルストイの長編小説。作者が亡命地で書き始めた『姉妹』(1922)、『1918年』(1927~28)、『陰鬱(いんうつ)な朝』(1940~41)からなる三部作の長編小説。革命を生き抜いた知識人の思想遍歴をテーマとし、第一次世界大戦、革命、社会革命党(SR(エスエル))の反乱、アナキスト、マフノのウクライナ民族独立運動、白軍との国内戦などを歴史的背景として、美しい姉妹カーチャとダーシャ、その恋人ローシチンとテレーギンとが、生命や思想のたび重なる危機を乗り越えて、ついに再会するまでの苦難の歴史を描き出している。

[原 卓也]

『原卓也訳『苦悩の中を行く』全五冊(新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android