コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

英賀一揆 あがいっき

1件 の用語解説(英賀一揆の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あがいっき【英賀一揆】

播磨国英賀(現,兵庫県姫路市)の一向宗本徳寺を中心に,石山本願寺一揆の一環として羽柴秀吉と戦った一揆。英賀は中世後期に港町として発展した。はじめ播磨守護赤松氏の代官が支配し,やがて有力長衆(おとなしゆ)三木氏を中心に自治的結合が成立した。15世紀末に一向宗が伸展し,1515年(永正12)播磨教団の中心として一家衆寺院本徳寺が創建され,寺内町が形成された。門徒化した英賀長衆は16世紀中葉に石山本願寺に出仕していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

英賀一揆の関連キーワード飾磨書写山姫路市一向宗姫路工業大学近大姫路大学姫路独協大学姫路市立動物園姫路セントラルパーク姫路市立水族館

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone